射精障害のひとつ早漏を防ぐいくつかの方法

男性が性的興奮を覚え、気持ちよさがマックスになったときに射精という現象が起きます。男性であれば遅かれ早かれ体験する現象です。その射精がうまくいかないことを射精障害と言います。射精障害にもいろんな種類があり、事故や病気の手術などで神経を傷つけてしまい、うまく射精ができなくなる射精障害もあります。また射精に及ぶ時間が圧倒的に短い現象を早漏と呼んでいます。この早漏に悩む男性は多いです。

早漏は体験が増えて、経験を自分の物にすると大抵は改善することが多いのですが、そううまくいかない男性もいます。たとえば他の治療で診察を受ける際に下半身を露出することもあるでしょう。脱ぐ最中に女性の看護師に処理をされているだけでも射精をしてしまうという男性もいるくらいです。笑い話になることも多いのですが、当事者にとっては深刻な問題を引き起こすケースもあります。よくあるのは内向的な性格になってしまい、女性と付き合えなくなる、またはパートナーとの性行為を避けるようになります。

そのような事態になると結婚をして子供をもうけることもできなくなる可能性が生じ、またパートナーとの性行為ができなくなるというのは必然的に2人の仲に亀裂が入る可能性あります。そのような事態にならないために早漏の対策をしましょう。この対策は射精をすることを防ぐという目的で行われることが多いです。いろんな種類がありますので、自分に合った方法で早く果ててしまうのを防ぐようにしましょう。

防ぐ方法としては、主に治療薬を用いることが多いです。刺激を鈍くする医薬品を亀頭に塗るタイプや、射精を遅らせることができる治療薬、また射精をコントロールするためのトレーニングもあります。自分に合っている方法を見つけてください。