心因性早漏にはダポキセチン

ダポキセチンは、心因性早漏を改善する効果のある薬です。

もともとは、抗うつ剤として使われていた薬です。
うつ状態の人がダポキセチンを服用すると、射精までにかかる時間が長くなります。
そのためダポキセチンは、早漏の治療薬としても使われるようになったのです。

早漏の人が服用することで、射精のコントロールがある程度可能になります。
すぐに射精してしまうのではなく、それまでの数倍の時間、射精を止めておくことができるようになるのです。

ただしこれは、心因性早漏の人にのみ効果があります。
なぜならダポキセチンは、もとが抗うつ剤、つまり精神に作用する薬だからです。
脳内には、興奮を増幅するドーパミンと、緊張や不安と深い関係のあるノルアドレナリンとがあります。
これらのバランスが乱れると、精神状態は悪くなります。
過度に興奮したり、過度に緊張したりするようになるのです。
しかしダポキセチンには、このドーパミンとノルアドレナリンの働きを抑制する作用があります。
そのため服用することで、精神のバランスがとれるようになり、興奮または緊張が原因による早漏が改善されるわけです。

そのため、心因性早漏ではない人が服用しても、十分な効果は期待できません。
むしろ、興奮が抑えられたり緊張感がなくなったりして、性欲が減退したり、快楽を感じにくくなったりすることがあります。
射精のタイミングをはかるどころか、性交渉自体が困難になってしまうのです。
この他にも、血圧の上昇やめまいや頭痛など副作用が出ることがあるのですが、それも心因性早漏ではない人の方が出やすいと言われています。

そのためダポキセチンは、早漏の原因を確認した上で服用することが肝心です。
心因性早漏の場合は、服用することで非常に高い効果を期待できます。

■早漏に効きめありの薬
タダポックスで長時間持続

■安心してお薬が購入できます
そのお薬、ネット販売で購入できます

■治療院ならコチラ
早漏治療